4,192作品から選ばれた作品を紹介!第21回文化庁メディア芸術祭開催

スクリーンショット 2018-05-16 11.01.33

文化庁による「第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が
2018年6月13日(水)から6月24日(日)までの12日間、
東京・六本木の国立新美術館を中心に開催される。

展示会では世界98の国と地域の4,192作品から選ばれた作品を一堂に紹介。
エンターテインメント部門大賞のゲーム『人喰いの大鷲トリコ』の展示会場では、ゲームと同じAI技術によって動く実物大のトリコが投影され、実際に触れ合うことができる。
アニメーション部門大賞『この世界の片隅に』はTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、6月23日(土)に片渕監督と、のん(女優、創作あーちすと)を招いた上映トークが予定されている。

他にもシンポジウムやトークイベント、ワークショップ等の関連イベントを実施予定。
国内外の多彩なクリエイターやアーティストが集い、“時代を映す”メディア芸術作品を体験できる貴重な12日間となるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第21回文化庁メディア芸術祭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会期  2018年6月13日(水)~6月24日(日)
■会場  国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
10:00~18:00 金・土曜日は20:00まで

※入場は閉館の30分前まで
※6月19日(火)休館
他サテライト会場
※サテライト会場の開館時間は会場によって異なります。
■入場料 無料 ※全てのプログラムは参加無料です。

第21回文化庁メディア芸術祭ウェブサイト
http://festival.j-mediaarts.jp