共同宣言(2010年 第11回富川大会)

第11回国際マンガサミット
共同宣言

第11回国際マンガサミット富川大会より

2010年 富川国際マンガサミットに参席した各国の漫画家代表達は、マンガを通じて国際社会と疎通し、文化多様性が保存できることを認識しながら、社会的な責任を持った漫画家として漫画創作活動を通して人類社会に寄与するため、下記のように宣言する。

一つ、私たちは急速な世界化により、固有の文化が消えていく時代に漫画創作を通じて国境や言語を越えて各文化の伝統と固有性を保全できるようにする。

二つ、私たちは文明の壁を崩し、紛争および葛藤を解消するため、万国共通語である漫画の創作と補給を通じて異文化間の理解と和合を実践する。

三つ、私たちは時代を導く知識人として、人類共通の関心事に対して耐えざる苦悩と献身を通じて、漫画芸術家としての社会的責任を果たす。

国際マンガサミット常任委員会会員団体および会員たちはこの宣言書の内容に同意し、この宣言書にこもった精神と内容の拡散のため、各国の団体と協議を通して持続可能な事業を発掘し、これを推進する事とする。

2010年9月17日
第11回国際マンガサミット参加代表団