鳥取宣言

第13回国際マンガサミット
鳥取宣言

第13回国際マンガサミット鳥取大会より

第13回国際マンガサミットは、自然の恵み豊かなここ、日本国鳥取県において「食と海」をテーマに開催されました。

海で繋がる地域との交流を積極的にすすめてきた鳥取県は「食のみやこ」でもあり、まさに今大会の開催にふさわしい場所でした。

シンポジウムではマンガを活用した地域振興について議論し、フォーラムでは海を越えた漫画文化の世界への広がりについて理解を深め、マンガの影響力、発信力やマンガを通した「絆」「信頼」など、さまざまな分野での無限の可能性を再認識しました。

『マンガが伝える「心」「生き方」への共感こそが海を越えた相互理解を深める。』そう信じて私達マンガ家は海を越え、国境をこえ、地域を越えて協力しあい、1996年にマンガサミット大会をスタートさせました。
あれから16年―各国と地域で、マンガを巡るさまざまな課題について13回もの大会を重ねてきました。 この道のりは漫画文化にとって素晴らしい成果であり、財産です。 共にに支えあい発展していこうという私達お互いの友情と信頼はゆるぎのない「絆」として未来へ続くでしょう。

これまでの大会、そして今回の大会を支えて下さった全ての皆様に感謝します。

そして今、私達は漫画文化の更なる振興に向けて、参加者一同がより一層努力し続ける事をここに誓います。

2012年11月9日