カテゴリー別アーカイブ: 各地域情報

4,192作品から選ばれた作品を紹介!第21回文化庁メディア芸術祭開催

スクリーンショット 2018-05-16 11.01.33

文化庁による「第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が
2018年6月13日(水)から6月24日(日)までの12日間、
東京・六本木の国立新美術館を中心に開催される。

展示会では世界98の国と地域の4,192作品から選ばれた作品を一堂に紹介。
エンターテインメント部門大賞のゲーム『人喰いの大鷲トリコ』の展示会場では、ゲームと同じAI技術によって動く実物大のトリコが投影され、実際に触れ合うことができる。
アニメーション部門大賞『この世界の片隅に』はTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、6月23日(土)に片渕監督と、のん(女優、創作あーちすと)を招いた上映トークが予定されている。

他にもシンポジウムやトークイベント、ワークショップ等の関連イベントを実施予定。
国内外の多彩なクリエイターやアーティストが集い、“時代を映す”メディア芸術作品を体験できる貴重な12日間となるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第21回文化庁メディア芸術祭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会期  2018年6月13日(水)~6月24日(日)
■会場  国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
10:00~18:00 金・土曜日は20:00まで

※入場は閉館の30分前まで
※6月19日(火)休館
他サテライト会場
※サテライト会場の開館時間は会場によって異なります。
■入場料 無料 ※全てのプログラムは参加無料です。

第21回文化庁メディア芸術祭ウェブサイト
http://festival.j-mediaarts.jp

2017年「これも学習マンガだ!」選書委員会開催

2017年5月19日、「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」の2017年度選書委員会を開催しました。

2015年にスタートした本プロジェクトの選書委員会では、一般のエンタメ作品の中から今までに150作品のマンガが選ばれ、「文学」や「多様性」など多彩なテーマの新しい世界を発見出来るマンガや学びにつながるマンガを推薦してきました。

3回目となる今回の選書委員会では、選書委員の皆様に作品への想いを存分に語っていただき、白熱の議論をしながら“学べるマンガ”を選定しました。

今回の選書作品は、2017年秋頃に発表する予定です。ご期待ください。

【2017年「これも学習マンガだ!」選書委員長】
里中 満智子 マンガ家/マンガジャパン代表

【2017年「これも学習マンガだ!」選書委員】
佐渡島 庸平 株式会社コルク 代表取締役社長
中村 伊知哉 慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授
藤本 由香里 明治大学 国際日本学部教授
細田 尚子  株式会社MANTAN 「MANTANWEB」編集長
堀江 貴文  SNS media&consulting株式会社ファウンダー
山内 康裕  マンガナイト代表 / レインボーバード合同会社 代表社員
ヤマダ トモコ マンガ研究者/ 米沢嘉博記念図書館
由利 耕一  元マンガ編集者
本山 勝寛  日本財団

関連リンク:「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」

「まんが王国とっとり 第5回国際マンガコンテスト作品集」発売中!

2月末に受賞作品発表イベントが行われた「まんが王国とっとり 第5回国際マンガコンテスト」の受賞作品を集めた、作品集が発売中です。

tottori_#5kokusaimanga-contest
「まんが王国とっとり 第5回国際マンガコンテスト作品集」

2012年に行われた第13回国際マンガサミットの開催地である鳥取県は「まんが王国とっとり」としてマンガに関わる取り組みを行なっている自治体のひとつです。

「ヒーロー・ヒロイン」をテーマに行われた今回のコンテストでも老若男女幅広く、国内外から作品が集まりました。
応募作品数は過去最多となり、思い思いのヒーロー・ヒロインを題材にした作品が数多く集まりました。

販売は山陰両県の主要書店のほか、Amazon楽天ブックスなどで通信販売も行われます。
今回のコンテストも自由な評価を持ち味に審査が行われ、魅力的な作品が集まったとのことです。この機会にぜひチェックしてください!!

まんが王国とっとり 第5回国際マンガコンテスト作品集

定価:800円(税別)
発行:鳥取県 観光交流局 まんが王国官房
発売:今井出版

詳細はこちら(今井印刷の商品ページへ)

通信販売:Amazonの商品ページへ
     楽天ブックスの商品ページへ

【訃報】台湾漫画家鄭問先生死去

台湾漫画家、第4回マンガサミット台湾代表を務められた鄭問先生が、2017年3月26日、心筋梗塞で死去しました。享年58歳です。

鄭問先生の作品超絶した絵画技法と熱意溢れるストーリーにより、台湾のみならず、日本、中国大陸、東南アジアで高い人気を誇り、1990年に日本デビューを飾り、1991年にの日本漫画家協会賞優秀賞を受賞する、台湾出身の漫画家として初めての快挙です。

鄭問先生のご冥福をお祈りいたします。